更年期障害の症状は辛いものです|心も体も改善する

医者

ホルモンが影響しています

女性ならではの悩みである更年期障害の症状をチェックしよう。改善法なども紹介されているので、悩んでいる方に最適です。

男性にもある

ベッドで眠る女性

更年期障害というと、女性の悩みというイメージを持つ人がほとんどではないでしょうか。しかし、近年では女性だけではなく、男性も更年期障害になると言うことが徐々にではありますが、知られるようになりました。男性の更年期障害の主な症状としては、女性の更年期障害の症状と同様、イライラ感、不安感を感じる、極端な食欲の減退・増加、集中力の欠如、不眠、うつ症状などが挙げられます。また、男性ホルモンが低下することにより、心筋梗塞のリスクが増加するとの研究結果もあります。男性の更年期障害については、一般的ではないこともあり、悩みを人に相談することが出来ないと感じている人も少なくはありません。今後は、より多くの人が男性の更年期障害についても理解する必要があると考えられます。

早めに相談をしよう

男性の更年期障害の症状の原因は、男性ホルモンの低下によるものです。男性ホルモンの一種であるテストステロンには、ストレス軽減効果があります。このホルモンが加齢などの原因により、減少することで、イライラしやすくなったり、ストレスホルモンとも言われるコーチゾールが増加することで、不安感を感じるようになるとされています。男性の場合は、元々人に相談することが苦手という人も多く、症状が現れても、相談せずに我慢してしまうという傾向にあります。しかし、症状を放置することで、悪化の一途をたどる可能性もあります。専門外来などを設けている医療機関もありますので、そのようなところか普段からのかかりつけ医に相談することをおすすめします。

睡眠時に呼吸がとまる病気

横になる女性

睡眠時無呼吸症候群は、眠っている間に無意識に呼吸がとなってしまう病気です。自覚症状はあるものの、睡眠時の無呼吸が原因だと気がつかない場合も多く見られます。内科を受診することで、診断や治療ができます。日本では、マウスピースやCPAP装置を用いた治療がおこなわれています。

Read More..>>

筋肉や関節が痛くなる症状

膝をおさえる人

世田谷は東京都内の中でも一番高齢者の人口が多い地域で、医療や福祉に関しては特に力が入れられています。中でも高齢者に多いリウマチ性多発筋痛症を抱える人が目立ち、正しく治療を受けないと寝たきりにつながる可能性もあります。このことから積極的な治療が呼びかけられ、病院や自治体での相談機関も充実してきました。

Read More..>>

知っておくと便利

医師

平野区にある病院の中で、どこに行こうか迷っているなら、使い勝手が良いのかどうかで判断しましょう。通いやすいのはもちろんですが、院内の様子は自分の好みに合うか、子供を預かってくれる体制が整っているかを確認しておきたいです。

Read More..>>